事業内容

緑地開発では、復興支援、環境整備、防災施工、造園・緑化工事など
地球環境に優しく安全・安心な施工を心掛けています。
特殊な工法なども、これまでに培った経験で、ニーズにお答えできるように日々進化をしています。

現場吹付法枠工

法面の崩壊・凸凹等の現場状況に合った法枠を造成し、崩壊や浸食を防ぎ法面の安定を図る工法です。多くの法面に取り入られております。
この工法は斜面に型枠を設置しモルタルを吹付た後、枠内部に石張・ブロック張、モルタルや植生吹付等を状況に合わせて行います。
その他にもプレキャスト枠工や現場打コンクリート枠工など現場条件等によって工法が使い分けられます。

ポイント

  • 高さや表面のなど、ことなる状況に併せて施工が可能です
  • 基礎コンクリートが不要な為、工期の短縮が可能となります
施工実績をチェック

モルタル吹付工

モルタル・コンクリート吹付工は、吹付機にセメントや骨材等を投入し、コンプレッサーによる空気で斜面等に吹き付けする工法です。
岩盤の風化防止、雨水等の地山の浸透による侵食や崩壊の発生防止・緩和、小規模な落石防止等の機能があり長持ちする目的もあります。

ポイント

  • 施工性に優れているので、素早く施工が可能です
  • 風化等により劣化した崖面に対しては、外気や温度変化、浸透水の遮断効果が非常に高く気温の高い沖縄にも向いています。
施工実績をチェック

落石防護柵工

道路際の法尻に柵を設置し、斜面の落石から道路の走行車線を防護する目的があります。
小規模な崩落や小落石を対象とした簡易防護柵から、礫径1mの巨礫を対象とした本格的な防護擁壁まで、適材適所の落石・崩壊土砂対策工を低コストで設置できます。

ポイント

  • 短期間で施工できるので、災害時の土砂に対しても活躍します
  • サイズや用途に合わせて豊富な種類の中から、状況にあった柵の設置が可能です
施工実績をチェック

鉄筋挿入工

斜面に鉄筋やロックボルトなどの比較的短い棒状補強材を地山に多数挿し、地山と補強材の相互作用によって移動土塊や斜面上の岩塊等を安定化させる目的があります。 主に山道の車道やダムのまわりなどの環境整備で活用します。

ポイント

  • ポイント1が入ります
  • ポイント2が入ります
施工実績をチェック

種子吹付工

グラウンド・宅地造成地・工場・飛行場等 大規模面積の緑化を迅速かつ安値に施工する方法として広く活用されています。 景観に緑をだしつつ、草が増えることで転んだ時など地面のクッションとなる役割もあります。

ポイント

  • 専用のトラックを使うので、広い面積の場所でも期間が短くできます
  • ベテランの職人が境目のないきれいな貼り付けを行います
施工実績をチェック

植生ネット工

植生ネット工法は、種子・肥料・生育基盤材等を包含、装着した厚みのあるマット状のものを斜面に張り付ける工法です。
植生ネット工法に準じてシートを用いた植生シート工がある。

ポイント

  • 施工場所を選ばないので広いとこでも狭いとこでもお任せください
  • 比較的に安価なので、多くの公共工事で活躍しています
施工実績をチェック

お問い合わせ・ご相談

お見積りや相談など
お気軽にお問い合わせください。

098-894-0035
098-988-3035

(営業時間)8:30~17:00
(定休日)土曜日・日曜日・祝日